コンタクトインプロが広がっています

こんにちは!Graceful Movementの 長島 務 です。

 

 

目黒区西小山のスタジオでロルフィングの施術を提供しているのが私のメインの仕事ですが、コンタクトインプロヴィゼーションという即興ダンスのクラスやワークショップを指導・運営するのも私(Graceful Movement)の仕事の一部です。

 

 

育児に時間を大きく割くようになってからというもの、コンタクトインプロ(CI)のイベントへの参加が少なくなってしまいましたが、その分日中のロルフィングの仕事に注力しています。

 

CIに限らずイベントは、平日なら夜、特に土日に開催が集中しやすい傾向があります。

 

結果的に子育て中の方にはハードルが高い時間帯です。

私も保育園の送り迎え、家事の時間が必要、そしてちょっと長距離の移動時間が必要、、などCIに参加しにくい期間が続いています。

その中でも1〜2週に1度は火曜夜の六本木ジャム運営に深夜まで時間をもらうことができているのは、正直なところ妻のおかげです。

もうほんとに感謝しかありません。。

 

 

あと、六本木CIジャムはCI ダンサーのゆりえさんと、ヨガインストラクターのアンナさんの献身的なご協力のおかげで運営できています。

 

 

「 六本木のど真ん中、大変アクセスのいいこの場所で丁寧なガイド付きでCIを体験できる環境は半端なくリーズナブル 」

 

 

・・・というのは常連さんの言です。

「ジャム」という用語は自由に解放されたスペースの中でCIをして遊ぶことができる時間・場所を指します。

 

決まり切った動作を行うわけでは無いので、むしろ不安に感じて敬遠する方は、じっさい多く出会います。

決まった所作を磨いていくことのできる日本人のメンタリティは美徳だなあ、と思う反面、コンタクトインプロのように、自分の殻を破る活動そのものズバリを体験するチャンスから自分を離してしまっているのは、

 

なんとももったいない。

 

 

普段道を歩いたり電車に乗っている間から常に、周囲の人がどのような身体感覚をしているのか、周囲の環境とどのように調和しているのか、といったあり方を私は興味を持って見ています。

 

職業病でしょうかね(笑

 

周りに見える大人達の様子が、スマホなどに意識が過度に向いていて周囲との調和からどんどん離れていっている感じがしています。

 

そんな中で、コンタクトインプロの面白さ等々に興味を持ってくれたり、「美しい」と感想をつたえてくれる方とよく出会うようになりました。

 

まずはロルフィング、ボディーワーク、フィットネスなど近縁の領域で活動する方に、積極的に面白さを伝えていきたいと思っています!

 

 

 

長島